コンテンツを渡す
現在、採用活動を行っています。京子食品で私たちと一緒に働き、日本で話題の新商品や和食を作る上で欠かすことのできない定番商品をフランスのみならずヨーロッパ各国にお届けしませんか?応募はこちらから。
現在、採用活動を行っています。京子食品で私たちと一緒に働き、日本で話題の新商品や和食を作る上で欠かすことのできない定番商品をフランスのみならずヨーロッパ各国にお届けしませんか?応募はこちらから。

すし飯

 

こちらは、寿司飯のレシピです。

このレシピは、大きな太巻き寿司2本、小さな太巻き寿司4本、または小さな握り寿司16個を作るのに十分な量の寿司飯ができます。


材料 :

  • 日本の米 175g
  • 冷水 225ml

すし酢

  • 米酢 大匙1/2
  • 砂糖 大さじ1
  • 塩 小さじ1/2

以下は、寿司のベースとなるねっとりとした飯と寿司酢を作るための基本的な手順です。日本米、スペイン米、またはカリフォルニア米を使用することが重要です。米の量を変更する場合は、以下の米/水の比率を使用してください。米1に対して水1/4部を使用します。

1.米を水で洗い、水が透明になるまで洗い流します。その後、米を30〜60分間休ませます。これにより、粒が湿気を吸収して膨らみ始めます。
2. 米と水をぴったりとした蓋のついた鍋に入れ、強火で沸騰させます。約20分間、鍋を蓋で覆って水が完全に米に吸収されるまで煮ます(使用する米の量に応じて時間が異なります)。米が炊ける間、蓋を開けないようにしてください。
3. 火を止め、蓋を取り、布で鍋を覆い、約15分間冷ます。その間に、寿司酢の材料を小さな鍋に入れます。砂糖が溶けるまで加熱し、火を止めて、寿司酢をボウルに注ぎます。その後、ボウルを冷水に入れて冷却します。
4. スパチュラを使用して、米をボウルまたはご飯茶碗に移し、広げます。その後、縦に、そして横に米を切るように混ぜます。
5. 米を潰さずに「切る」ようにして、徐々に酢を加えてください。同時に、うちわで風を送り、米をさましてください。約3分間続けて、寿司酢と米が完全に混ざり、米が常温になるまで行ってください。

 







前の記事 モチ餅